不動産は不動産屋と探してはいけない?土地探しの3つの注意点

土地を購入する際に、土地探しの注意点を知りたい方は多いはず。
今回は、土地探しにおいて知っておきたい注意点についてご紹介しています。

土地購入をお考えの方は、一読することをおすすめします。

土地探しの3つの注意点とは?

ご懸念の通り、土地探しには実は落とし穴がいっぱいです。
実は、住宅購入された方の半分近くの方は土地探しに失敗している、というデータもあります。
しかしながら、「自分の家づくりは失敗だった」と言えないため、なかなか正しいやり方・進め方が浸透していかないというのがこの業界の課題でもあります。

さて、「土地探しの注意点」において押さえるポイントは、以下の3点です。
① インターネットで流通している物件は、「他の人が買わなかった物件」
② 不動産探しからスタートするとほぼ実は失敗。一番最初は資金計画からスタートすべき
③ 不動産を見る時は、土地の欠点をカバーできるように工務店に確認してもらうべき

では、それぞれ解説していきましょう。

インターネットで流通している物件は「他の人が買わなかった物件」

SUUMOや、HOMES、at homeのような大手不動産ポータルサイトで、土地探しの情報収集を行っていらっしゃいませんか?

実は、ここに掲載されている物件は、掲載元の不動産会社が既存顧客に紹介しても
決まらなかった物件
であることがとても多いのです。

なぜこんなことが起こるかというと、ポータルサイトは物件掲載に対して、お金が課金されるサービスだからです。つまり、ほっておいても売れる優良物件をわざわざ費用をかけて不動産屋さんは掲載しない、ということですね。

もし、本当に優良物件を探そうと思うと、便利なインターネットやポータルサイトだけではなく、地元の不動産会社に回って探した方が見つかる可能性があります。
特に、地元の人気エリアで探したい方ほど、そういった物件はネット掲載前に決まることが多いようです。

また、上記のように「買った土地と出会った場所」という観点でアンケートを取ると、
不動産会社の店頭だった、というのが圧倒的なようです。
ポータルサイトは、まさにポータル(入り口)であって、購入(出口)にはなりづらいのかもしれません。

一番最初は資金計画からスタートすべき

何の準備もなしに不動産会社に行くことは、絶対にやめましょう。
実は、家づくりの失敗パターンの典型例は、土地から探すという進め方になってしまった時です。

住宅購入で気をつけるべき落とし穴として、「諸費用の見積・計算が甘かった」があります。
土地・建物に関わる諸費用だけで少なくとも300万程度は見積もっておかないと、建物代金を圧縮して家づくりを進めなくてはなりません。

しかし、「この土地売れてしまいますよ!?」と言われてしまうと、人間心理として、先に買ってしまいたいと思ってしまいますよね。
その後追加費用が発生して、予算オーバー・・・というのは意外とよくあるパターンです。
ですから、次の流れで土地探しを進めると失敗が起こりづらいです。

Step1 自分たちの建築可能性の高い資金計画・シミュレーションを最初に作成する
Step2 理想の建物を実現するといくらくらいになるか相場を把握しておく
Step3 総予算から建物予算を引いた余りで、土地予算を計算してみる
Step4 条件を明確にして不動産屋さんに土地探しの依頼を行う

(この点は、家づくりダンドリシートでも整理しますので、ご安心くださいね)

土地の欠点をカバーできるか工務店に確認してもらう

また、不動産の格言として「100点満点の不動産はない」と言われています。
土地・不動産は相場を反映します。

だからこそ「安くて良い土地」や「高いけど悪い土地」というのは存在しません。
その価格・条件になるには必ず理由があります。
でも、妥協して購入するのは嫌ですよね。

そこで、大切になってくるのは「土地の弱点を建築でしっかりとカバーできるか?」という点です。
例えば、北向きの土地の場合は一般的に日当たりが悪いと言われています。
しかし、建築上の間取りや採光の工夫によって十分な日当たりを確保することは十分可能です。

だからこそ、土地購入を自分たちだけで進めるのは非常にもったいなく、リスクがあります。
土地を購入する時には「敷地調査」と言って、建築を担当いただける会社と一緒に確認をすることを家づくりのプロとして強くオススメいたします。

aukaでは、実績1万人を超えるご相談を通して、初めてでも失敗しない家づくりの進め方をダンドリシートとしてお客様ごとに編集してお渡ししています。

特に、予算・希望エリア・希望する建物予算に関しては、お電話にてお客様ごとのお考えや重視されたい点をヒアリングできると、ダンドリシートの精度が格段に向上します。
その他ご不明点やお悩みがあれば、お電話やLINEにてお気軽にお尋ねください。