土地を見る前に知っておきたい!土地の方位ごとのメリット・デメリットまとめ

土地を購入する際は、「土地の選び方」に関して「土地の方位のメリット・デメリット」などが気になってくるものですよね。

この記事では、土地の方位に関するメリット・デメリットを踏まえ、
土地を見る前に知っておきたい3つのことをご紹介しています。
土地購入を考えている方はぜひ読んでみてください!

土地をチェックする前に知っておくべき3つのこと

土地を購入する前に知っておくべきポイントは次の3つです。
しっかりチェックしておきましょう。

① 土地のデメリットは設計や住宅性能でカバーできる
② それぞれのメリット・デメリットを理解する
③ 土地購入前には建築に詳しい第三者のチェックを入れよう!

それぞれについて以下で見ていきます。

土地のデメリットは設計や住宅性能でカバーできる

まず一番最初に知っていただきたいのは、どのような方位の土地にも、メリット・デメリットがあるということ。
そして、そのデメリットは住宅の性能や設計力で十分にカバーできるということです。

一般的に価格が安く、不人気とされる北向きの土地を例に取って、メリット・デメリットについて説明していきましょう。

プライバシーが確保される分、日当たりの確保をどうするかが設計時に重要となります。

例えば、天井部から採光ができるプランを採用するなど、工夫次第で土地の欠点をカバーできることが設計の良いところです。
どうしても土地だけで見てしまうと人気の東南角地と呼ばれる立地・方位に目がいってしまいますよね。

だからこそ、「土地」そのもので評価するよりも「土地と設計・プラン」のセットで考えることが、賢い土地探しの進め方と言えます。

それぞれのメリット・デメリットを理解する

次に、それぞれの方位・形状において、どのようなメリット・デメリットがあるのかを把握しておくことが大切です。

方位においては ・方位:東、西、南、北向け ・形状:角地、旗ざお地、傾斜地、変形地をそれぞれ押さえておきましょう。

土地購入前には建築に詳しい第三者のチェックを入れる

最後に、不動産に関して、絶対にやるべきことをお伝えします。
それは、土地の契約を不動産会社とだけで進めない、ということです。

悪徳不動産屋が多いという意味ではなく、お客様の要望を応える土地を頑張って探す、ということがそのまま良い家づくりにつながらないケースが非常に多いからです。

土地を購入してしまってからだと、家づくりを大きくやり直すことは難しく、建築にも大幅な制限がかかってしまうこともあります。

aukaでは、お土地探しのご相談、購入前の土地の注意点をお伝えしたり、第三者的なチェックを行うことも可能です。
もちろん、お土地以外のその他ご不明点やお悩みがあれば、お電話やLINEにてお気軽にお尋ねください。